熟成にんにく卵黄(八幡物産株式会社)

商品画像 レダーチャート

青森県産「福地ホワイト六片種」を用いた質の高いにんにく卵黄

  • 経験豊富な職人が30日間熟成させたにんにくのみを使用しています
  • ソフトカプセルタイプでにんにく特有の嫌な臭いがしません
  • 1粒あたり2.7カロリーで、食事制限されている方やダイエット中の方でも安心してご利用できます
  • 公式サイトはこちら
摂取量 1粒2.7カロリー
にんにく粉末量
(1粒あたり)
75mg
カプセルタイプ/色 ソフトカプセル
こだわり にんにくを30日間熟成させて黒にんにくにする熟成製法
個数パターン
  • 1袋60粒入り 2,160円
使用にんにく 青森県産の福地ホワイト六片種
使用卵黄 熊本県産、専用養鶏場の有精卵

キャンペーン情報

特になし

熟成にんにく卵黄の特徴

にんにくへのこだわり

やわたの熟成にんにく卵黄は、国内でにんにく生産シェア1位を誇る青森県産の「福地ホワイト六片種にんにく」を使用しています。大きく美しい白色が特徴の青森県産のにんにくを、さらに経験豊富な職人の手によって30日間もの間熟成させることにより、アミノ酸やタンニンなどの栄養素をより豊富に含む黒にんにくへと仕上げています。熟成させることで高い栄養素が期待できるだけでなく、マイルドな仕様になるため、身体に負担をかけることなく健康維持が目指せます

卵へのこだわり

熟成にんにく卵黄では、熊本県の獣医の常駐する養鶏場でのびのびと育った平飼鶏の有精卵のみを使用して製造を行っています。常に専任の獣医による厳しい衛生管理、栄養管理、健康管理を行っているため、常に抜群の鮮度・栄養価を誇る有精卵を出荷。タンパク質はもちろん、人間の体内で合成できない必須アミノ酸も豊富に含んでいるのが魅力です。スポーツが好きな若い世代や毎日仕事で忙しく働いているビジネスマン、朝から元気に過ごしたいシニアまで幅広く飲用できるのが特長です。

他社とはココが違う!

やわたでは、使用している高級にんにく・福地ホワイト六片を丹念に熟成させています。熟成期間はなんと30日間。熟練の職人がその日の天気や気温、湿度などから手入れを見極め、天塩にかけてじっくりゆっくりと大粒のにんにくを黒く熟成させていきます。にんにくが本来持っているパワフルな成分をさらに凝縮させるとともに、体への負担をいかにマイルドにさせるかが職人の腕の見せ所です。

品質・安全性への取り組み

高品質で安全な製品を消費者へ提供することは食品を扱う企業の使命です。やわたではこの使命を全うするために、またさらなる安心・安全を追求するため、率先して”食品を安全に保つための体制づくりに関する厳しい国際規格”「ISO22000」を取得。毎年定期的に審査を受けるとともに、第三者機関による3年ごとの更新審査を受け、現在も更新し続けています。

熟成にんにく卵黄のクチコミ

  • 商品画像
  • 4.50/5

  • 評価
  • 人物影
  • 評価:★★★★★ 5

    21歳 Oさん

    大学でテニス部に所属しており、平日は練習、土日は試合と精力的に活動しているのですが、このにんにく卵黄を飲み始めてから、酷い筋肉痛に悩まされることが少なくなりました。身体の回復が早いので、これからも使い続けていきたいと思います。

  • 人物影
  • 評価:★★★★ 4

    39歳 匿名さん

    実家の親が飲んでいたことでこちらのにんにく卵黄を知り、試しにうちの主人にも購入してみました。はじめて2週間くらいしてから、夫の肌ツヤがよくなり、身体が元気になったと喜んでいました。美肌効果もあるみたいなので、今では私も毎日かかさず飲んでいます。

  • 人物影
  • 評価:★★★★ 4

    28歳 Kさん

    趣味でフットサルとサーフィンをしており、体力増強目的に購入してみました。まだ若いうちは身体が元気なので効果も感じられないかなと思っていましたが、スポーツをした次の日の身体の疲れが確実に減ったように思います。

  • 人物影
  • 評価:★★★ 3

    41歳 匿名希望さん

    価格は2100円ちょっととそれほど高くはないのですが、初回購入者の方への特典や、定期購入者の特典などが用意されていないのが残念ですね。他のにんにく卵黄メーカーさんは様々な特典があるので、もっとキャンペーンなどを実施してもらいたいです。

  • 人物影
  • 評価:★★★★ 4

    52歳 匿名さん

    最近熟成させて栄養価を高める健康サプリメントが増えてきており、こちらも熟成させた黒にんにくを使用しているとのことで、試しに飲んでみました。特に臭いも気にならないし、飲みやすい商品でいいですね。効果はまだ実感できませんがしばらく続けていこうと考えています。

  • 公式サイトはこちら

TOPへ戻る

TOPへ戻る